小規模事業者持続化補助金の採択結果について(第2回締切分一般型)


8月7日(金)15:00に小規模事業者持続化補助金(第2回締切分一般型)の採択結果が公表されました。

今回申請のあった19,154件について外部有識者による厳正な審査が行なわれた結果、12,478件が採択されました。

採択一覧はコチラから

「新しい生活様式」取組支援事業のお知らせ(旭川市保健所)


旭川市では、店舗における感染リスクの低減及び市民や観光客が安心して店舗を利用できる環境づくりを後押しするとともに、店舗の取組が多くの市民の目に触れることにより、市民一人一人の「新しい生活様式」の実践につなげることを目的とした、「新しい生活様式」取組支援事業を開始しました。

本事業では、「新北海道スタイル」や「業種別ガイドライン」を中心とした「新しい生活様式」に取り組みながら、生活衛生関係の営業を行っている店舗に対して、ステッカー交付、支援金の配付(1店舗につき3万円)、ホームページでの店舗掲載及び取組の紹介などの支援を行ないます。

URL 新しい生活様式取組事業特設ホームページへ(旭川市ホームページ)

家賃支援給付金の申請が7月14日より開始されました


新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して「家賃支援給付金」を支給します。

7月14日(火)より申請の受け付けが開始されました。詳しくは下記URLをクリックして下さい。

URL 家賃支援給付金ページへ

旭川市内で創業された方へお知らせ~新規創業者スタートアップ補助金~


新規創業者向け補助金のお知らせです。
旭川市では、本年2月1日から5月31日までの間に旭川市内において、新規創業した事業者に最大20万円(補助率5分の4)の補助制度を開始しました。
創業にあたり経営の拡大を図るための事業が対象となっており、店舗改装、備品購入、販促ツール制作、広告宣伝物などに使うことができます。
 
対象期間は、4月1日から10月31日までに支払った経費が対象です。
 
詳しくはコチラから(旭川市ホームページ)

家賃支援給付金の申請について(7.7情報更新)


売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減するための給付金制度が開始されますが、今回、申請スケジュールや申請要領等が公表されました。

詳しくはコチラ(家賃支援給付金ページ)をご覧ください。

家賃支援給付金のお知らせ


新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して「家賃支援給付金」を支給します。

なお、「家賃支援給付金」事業は、令和2年度第2次補正予算の成立を前提としているため、今後の国会で審議されるので、事業内容が変更等されることがあります。そのため、申請開始は最速で6月下旬以降、給付は7月以降になる予定です。

URL 家賃支援給付金ページへ