北海道の時短・外出自粛等による影響緩和に向けた「道特別支援金」の概要について(2021年3月12日更新)


本道では、昨年秋以降の感染症の再拡大に伴い、営業時間短縮や往来・外出自粛の要請などの対策を講じてきており、時短にご協力いただいた飲食店の取引先や札幌市以外の飲食店など、全道の様々な事業者の皆様に経済的な影響が及んでいることから、新たな支援金制度が創設されました。

なお、支援金の申請は2021年4月上旬からとなります。

北海道ホームページへ(申請開始は4月上旬の予定です)

時短・外出自粛等により影響を受けた道内事業者の皆様への支援金の概要について(PDF)

国の緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金について(2021年3月8日更新)

2021年1月に発令された緊急事態宣言※1に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に、「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」 (以下「一時支援金」という。)を給付される制度が創設されました。なお、一時支援金の給付要件等は、今後、変更になる可能性がございます。

詳細は下記の経済産業省のホームぺージに掲載されている各種資料をご覧ください。

緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の概要について(経済産業省ホームぺージ)

一時支援金事務局ページ(申請ページ)

旭川市飲食店緊急応援支援金のお知らせ(R2.12.19掲載)


新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、甚大な影響を受けている本市の飲食店のうち、新北海道スタイルの取組を実践し感染拡大防止に取り組んでいる事業者に対し、緊急的に支援金を給付することで、事業継続への一助としていただき、地域経済の維持を図ることを目的として本市独自に給付するものです。

対象となる飲食店1店舗につき支援金を20万円が給付されます。

※例 市内に対象となる飲食店を2店舗を経営している場合は、40万円の給付となります。

旭川市飲食店緊急応援支援金 リーフレット(12月18日時点)(PDF形式 206キロバイト)

旭川市飲食店緊急応援支援金 申請の手引き(12月18日時点)(PDF形式 659キロバイト)

12月19日(土)より申請の受け付けが開始されました。詳しくは下記URLをクリックして下さい。

URL 旭川市飲食店緊急応援支援金ページへ

旭川市がんばる小規模事業者応援給付金のお知らせ(R2.12.8掲載)

 


がんばる小規模事業者応援給付金は、旭川市の事業所の多くを占める小規模事業者を支援することを目的とした給付金です。

国の持続化給付金の給付要件である前年同月比50%以上の売上減少にはわずかに至らない前年同月比40%以上50%未満の売上減少となった小規模事業者等に20万円が給付されます。

12月8日(火)より申請の受け付けが開始されました。詳しくは下記URLをクリックして下さい。

URL がんばる小規模事業者応援給付金ページへ(旭川市ホームページ)

持続化給付金・家賃支援給付金の申請期限延長について(R2.12.14掲載)


●持続化給付金の申請期限延長について(一定の要件を満たす必要があります)

持続化給付金については、2020年12月までを対象としており、申請期限は2021年1月15日までです。
申請をお考えの事業者におかれては、早めに必要書類を準備して申請していただくようお願い申し上げます。

他方で、必要書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない特段の事情がある方については、2021年1月31日まで書類の提出を受け付けることといたします。

提出期限延長の対象となる事業者は、以下の(1)及び(2)の両方を満たす事業者です。

(1)売上対象月が12月の場合
(2)以下の①~③のいずれかを満たす場合
①「2020新規創業特例の申請に必要な収入等申立書」を申請に用いる場合
②「寄附金等を主な収入源とするNPO法人であることの事前確認書」を申請に用いる場合
③その他に申請期限に間に合わない事情がある場合

12月中に提出期限延長の申し出の受付を開始する予定です。
具体的な申し出の方法については、おって御案内いたしますので、今暫くお待ちください。


●家賃支援給付金の申請期限延長について

家賃支援給付金の申請期限は、2021年1月15日(金)24時となっております。まだ申請がお済みでない方は、期限までに申請を完了いただくようお願いいたします。
なお、必要書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない特段の事情がある方については、2021年1月31日(日)23時50分まで追加の提出を受け付けます。

  1. 申請期限に間に合わない特段の事情については、書面(様式自由)を作成し、申請の際に添付をお願いします。なお、こちらに様式例を掲載しておりますので、適宜ご活用ください。
  2. 申請期限以降も、事務局からお送りする不備の修正(再申請)は可能です。

 

小規模事業者持続化補助金の採択結果について(第3回締切分コロナ型)


10月30日(金)17:00に小規模事業者持続化補助金(第3回締切分コロナ型)の採択結果が公表されました。

今回申請のあった37,302件について外部有識者による厳正な審査が行なわれた結果、12,664件が採択(採択率34%)されました。

採択一覧はコチラから

小規模事業者持続化補助金の採択結果について(第2回締切分一般型)


8月7日(金)15:00に小規模事業者持続化補助金(第2回締切分一般型)の採択結果が公表されました。

今回申請のあった19,154件について外部有識者による厳正な審査が行なわれた結果、12,478件が採択されました。

採択一覧はコチラから

「新しい生活様式」取組支援事業のお知らせ(旭川市保健所)11/30まで延長


旭川市では、店舗における感染リスクの低減及び市民や観光客が安心して店舗を利用できる環境づくりを後押しするとともに、店舗の取組が多くの市民の目に触れることにより、市民一人一人の「新しい生活様式」の実践につなげることを目的とした、「新しい生活様式」取組支援事業を開始しました。

本事業では、「新北海道スタイル」や「業種別ガイドライン」を中心とした「新しい生活様式」に取り組みながら、生活衛生関係の営業を行っている店舗に対して、ステッカー交付、支援金の配付(1店舗につき3万円)、ホームページでの店舗掲載及び取組の紹介などの支援を行ないます。

URL 新しい生活様式取組事業特設ホームページへ(旭川市ホームページ)

申請期限が11月30日(月)まで延長されました。

家賃支援給付金の申請が7月14日より開始されました


新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して「家賃支援給付金」を支給します。

7月14日(火)より申請の受け付けが開始されました。詳しくは下記URLをクリックして下さい。

URL 家賃支援給付金ページへ