北海道の「道特別支援金C」の申請開始について(R3.10.12掲載)


「道特別支援金C」について

令和3年8月以降の緊急事態措置等により影響が及んでいる幅広い事業者に対する支援として、休業・時短等の協力支援金や国の月次支援金の対象とならない方々(前年または前々年同月比30~50%未満減少)を対象に、「道特別支援金C」を設け、10月12日(火)から受付しております。

⇒「道特別支援金C」のリーフレットはこちら

⇒英語版(English)   Hokkaido Prefectural Goverment Special Support Subsid C

⇒「道特別支援金A・B・C」のイメージ図はこちら

⇒「道特別支援金C」の申請の手引き・申請書類について

申請の手引き(支援金A・B・C共通)

申請書(支援金A・B・C共通)

宣誓・同意書(支援金A・B・C共通)

 

★WEB申請はこちらです

 〇WEB申請  (申請前にWEB申請マニュアル をご覧ください。)

  WEB申請は、事業者所在地の(総合)振興局のエリアをクリックしてください。                 

   ・道央 【石狩・空知・胆振・日高】 外部のサイトに移動します

   ・道北 【上川・宗谷・留萌】 外部のサイトに移動します

   ・道南 【渡島・後志・檜山】外部のサイトに移動します

   ・道東 【十勝・釧路・オホーツク・根室】外部のサイトに移動します

※WEBで申請された方は、Myページより申請状況を確認することができます。

旭川市事業継続応援支援金について※対象月が延長されました(R3.9.13掲載)


旭川市事業継続応援支援金について

本支援金の申請に当たっては、「月次支援金」又は「道特別支援金B」の給付決定を受けている必要がありますので、対象となる方は、まずは国又は道へ申請してください。

支援金の概要

緊急事態措置等により一定の売上減少があり、国の5月分から9月分までの「月次支援金」又は「道特別支援金B」の給付が決定した事業者のうち、給付要件を満たす事業者に対し、本市独自に支援金を上乗せして給付します。

「月次支援金」又は「道特別支援金B」の上乗せについては、申請方法等が異なりますのでご注意ください。

※本ページでは、「月次支援金」上乗せ対象者を「月次支援金対象者」、「道特別支援金B」対象者を「道支援金B対象者」といいます。

※緊急事態措置等に伴う協力支援金の給付対象となる事業者については、対象外となる場合があります。


給付対象者 ※【月次支援金対象者】【道支援金B対象者】

本支援金は、5月分から9月分までの「月次支援金」又は「道特別支援金B」の給付が決定した事業者のうち、次の1から4まで全ての要件を満たす事業者が対象となります(ただし、全て該当する場合であっても対象外となることがあります。)。

詳細は「旭川市事業継続応援支援金 申請の手引き」を御確認ください。

  1. 申請時点(5~7月又は道特別支援金Bにあっては令和3年7月20日時点も対象)で旭川市内に本社・本店のある中小法人等又は旭川市内に住所又は主たる事業所のある個人事業者等
  2. 事業継続の意思があること
  3. 新北海道スタイルや業種別ガイドライン等に基づく新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の取組を行うこと
  4. 申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が旭川市暴力団排除条例(平成26年3月25日条例第16号)第2条第1号及び第2号に規定する暴力団及び暴力団員若しくは同条例第7条に規定する暴力団関係事業者に該当しないこと

市給付金額 ※【月次支援金対象者】【道支援金B対象者】

いずれも事業者毎に給付となります。

月次支援金対象者

対象月(5月、6月、7月、8月、9月)毎に

【法人】最大20万円/月(最大100万円)

【個人事業者】最大10万円/月(最大50万円)

※市給付額は対象月分の「月次支援金」の給付決定額と同額となります。

※6月及び7月が各20万円の給付決定となる場合は、6月:20万円、7月:20万円の計最大40万円上乗せとなります。

道支援金B対象者

【法人】20万円

【個人事業者】10万円

 

詳しくは旭川ホームページをご覧ください

旭川市2021年度ガンバル中小企業・小規模事業者応援補助金のお知らせ

(一財)旭川産業創造プラザでは、中小企業等が行う新製品・新サービスの開発から販路拡大、設備投資などの新たな取組に要する経費を補助する「旭川市2021年度ガンバル中小企業・小規模事業者応援補助金」を公募しています。

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中にあっても、様々な創意工夫や、新たなことに挑戦しようとする中小企業等を応援することで、事業継続や業績の維持・向上を後押しし、地域経済の元気を回復します。

詳細については下記URLを確認ください。
URL https://work.arc-net.jp/news01p/news-detail.php?id=78

旭川市事業継続応援支援金について(R3.7.21掲載)


支援金の概要

緊急事態措置等により一定の売上減少があり、国の5月分から7月分までの「月次支援金」又は「道特別支援金B」の給付が決定した事業者のうち、給付要件を満たす事業者に対し、本市独自に支援金を上乗せして給付されます。

なお、【5 月 16 日~5 月 31 日】,【6 月 1 日~6 月 20 日】又は【6 月 21 日~7 月 11 日】を期間とする休業要請等の給付対象となる事業者は,当該月の月次支援金及び本支援金は対象外となります。

市給付金額

 ➣月次支援金対象者

対象月(5月、6月、7月)毎に

【法人】最大20万円/月(最大60万円)

【個人事業者】最大10万円/月(最大30万円)

※市給付額は対象月分の「月次支援金」の給付決定額と同額となります。

※6月及び7月が各20万円の給付決定となる場合は、6月:20万円、7月:20万円の計最大40万円上乗せとなります。

 ➣道支援金B対象者

【法人】20万円

【個人事業者】10万円

申請に必要な書類

次の全ての書類の提出が必要となります。各書類の詳細はこちらを御確認ください。

  1. 旭川市事業継続応援支援金申請書(様式第1号)  ( PDF / EXCEL / 記入例 )
  2. 月次支援金給付決定通知書の写し(対象月分全て)
  3. 振込を希望する口座情報が分かるもの
  4. (個人事業者のみ)本人確認書類
  5. (個人事業者のみ)令和3年7月20日時点で旭川市に住所があることが分かるもの(2及び4の住所が旭川市以外の場合のみ)

 

 

 

 

 

詳しくは旭川ホームページをご覧ください

旭川市事業継続応援支援金の手引き

 

北海道の「道特別支援金B」について(R3.6.24掲載)


本道では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、営業時間短縮や往来・外出自粛の要請などの対策を講じてきており、時短や休業にご協力いただいた飲食店等の取引先や外出・往来自粛等による影響を受けた全道の様々な事業者の皆様に経済的な影響が及んでいることから、支援金を給付します。

なお、申請の受付開始は7月2日(金)からを予定しています。

詳しくは、北海道ホームページをご覧ください。

道支援金Bの概要はコチラから

6月16日より月次支援金の申請受付が開始されます(R3.6.15掲載)


2021年4月以降に実施される緊急事態宣言措置またはまん延防止等重点措置に伴う、飲食店の休業や時短営業、外出自粛等の影響によって、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業主に対し月次支援金を給付するものです。

申請手続きは6月16日(水)からオンラインで開始されます。(2021年4月および5月分)

詳細は月次支援金事務局のホームぺージに掲載されている各種資料をご覧ください。

月次支援金の申請はこちらから(月次支援金事務局ホームページ)

月次支援金のリーフレット

月次支援金のリーフレット(PDF形式:1,763KB)PDFファイル

 

また、30%~50%未満の売上減少の事業者を対象とした、「道特別支援金B」もできました。

給 付 額  中小法人等 10万円、個人事業主等 5万円

申請受付期間 7月2日(金)~9月30日(木)予定

 

旭川市における緊急事態宣言に伴なう飲食店の休業要請について(期間の延長:R3.6.1~6.20)

5月16日から5月31日までを期限としていた緊急事態宣言が延長されたことに伴ない、対象となる事業者の皆様には、6月1日(火)から6月20日(日)まで次のとおりご協力をお願いします。

休業や時短営業に伴なう支援金は下記をご覧下さい。

なお、休業支援金の申請は6月20日以降となります。

休業および時短要請の概要と支援金の概要(再延長分)

緊急事態措置に伴う支援金の対象に関する簡易フロー

飲食店における休業・時短要請にかかるQ&A

旭川市における緊急事態宣言に伴なう飲食店の休業要請について(R3.5.16~5.31)


5月16日から緊急事態宣言が発令されることに伴い、休業要請等の対象となる事業者の皆様には、5月16日(日)から5月31日(月)まで次のとおりご協力をお願いします。

休業や時短営業に伴なう支援金は下記をご覧下さい。

なお、休業支援金の申請は6月からを予定しております。

休業および時短要請の概要と支援金の概要

緊急事態措置に伴う支援金の対象に関する簡易フロー

飲食店における休業・時短要請にかかるQ&A

月次支援金の概要について(2021年5月11日更新)

2021年4月以降に実施される緊急事態宣言措置またはまん延防止等重点措置に伴う、飲食店の休業や時短営業、外出自粛等の影響によって、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業主に対し月次支援金を給付するものです。

なお、詳細については5月中に公表され、6月より申請が開始される予定です。

詳細は下記の経済産業省のホームぺージに掲載されている各種資料をご覧ください。

月次支援金の概要について(経済産業省ホームぺージ)

月次支援金の概要